JR北陸新幹線 乗車券

北陸新幹線でつかえる、おトクなきっぷ、あります!

 

当店では「乗車券のみ」ではございますが、金沢⇔上野・東京や金沢⇔大宮などの北陸新幹線の区間でもつかえる、おトクな格安きっぷをご用意しております。

 

★POINT★ クレジットカードをつくらなくても、また面倒なネット会員の登録や予約入力とかもなく、パソコン・ケータイ・スマートホンがつかえなくても、どなた様でもその場でお安く、すぐにお使いいただけます!

 

★POINT★ 下記のおねだんは、片道の乗車券のみのおねだんです。2つお求めいただければ、おひとりさまの往復分の乗車券としてもお使いいただけます!

 

★POINT★ こちらのきっぷは、平日・土曜日・日曜日・祝日など、期間を問わず、ご利用いただけます! 

【 北陸新幹線用乗車券 】

金沢駅 発着 

乗車券の販売価格

※特急券別途必要 

正規運賃とのおトク額 取扱い

【駅東】

郵便局隣自販機

【駅東】

店舗前

自販機(現在休止中)

【駅西】

魚八/あかまる自販機 
店頭窓口
東京駅・上野駅 ※1

6,940円

400円
大宮駅 6,670円 350円
熊谷駅  
本庄早稲田駅  
高崎駅   
安中榛名駅  
軽井沢駅   
佐久平駅  
上田駅   
長野駅 3,800円 200円  
飯山駅   
上越妙高駅  
糸魚川駅  
黒部宇奈月温泉駅  
富山駅 920円 50円  
新高岡駅

640円

30円  

・北陸新幹線で利用できる、乗車券(運賃)のみの、おとな片道1名1回分のきっぷです。「金沢駅⇔本庄早稲田駅」「金沢駅⇔安中榛名駅」および「金沢駅⇔糸魚川駅」の各区間の乗車券は現在ご用意できません。

 

※「金沢駅⇔熊谷駅」「金沢駅⇔高崎駅」「金沢駅⇔上田駅」および「金沢駅⇔飯山駅」の4区間につきましては、2018年(平成30年)6月12日をもって販売休止いたしました。

 

※「金沢駅⇔佐久平駅」「金沢駅⇔上越妙高駅」および「金沢駅⇔黒部宇奈月温泉駅」の3区間につきましては、2018年(平成30年)6月19日をもって販売休止いたしました。

 

※「金沢駅⇔軽井沢駅」につきましては、2018年(平成30年)7月6日金曜日をもって販売休止いたしました。

 

新幹線区間は全車全便、乗車区間分の新幹線特急券が別途必要です。新幹線特急券は単品で駅の券売機・窓口でお求めいただけますので、ご利用便に合わせて「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」などの自由席・指定席・グリーン車・グランクラスをお選びの上でご利用いただけます。(ただし「かがやき」には自由席車両はありません)。なお、運行する列車や時間帯などによっては、直通する新幹線便が無い場合もありますが、途中駅で改札を出ない限り、当店の乗車券は新幹線を乗り継いで目的地の駅まで(から)ご利用いただけるようになっております。この場合、新幹線特急券についても、途中駅で改札を出ない限り、通しの料金でご利用いただけるようになっております(詳しくはお尋ね下さい)。

 

・上記きっぷは、富山駅以外の駅では途中下車(=列車を降りて改札を出ること)は原則できません。富山駅などで改札を出て再び新幹線乗車時には乗車区間分の特急券が別途必要です。

 

 ※1 当店で発売の乗車券に表示されている「東京」とは「東京都区内」や「山手線内」とは表示されていません。このため、「金沢駅 ⇔ 東京駅・上野駅」の乗車券については、上野駅・御徒町駅・秋葉原駅および神田駅以外の東京山手線内各駅や東京都区内のJR各駅まで(から)ご利用の際には、別途乗車区間の運賃が必要です(例・金沢駅 → 新宿駅 のご利用の場合で、金沢駅 → 東京駅 を新幹線区間利用の場合=東京駅 → 新宿駅 の運賃200円が別途必要です)。こうした使い方をされる場合、目的地の駅(=実際に改札を通って下車する駅)によっては、上記掲載のおトク額よりもおトクになる場合と、おトクにならない場合とがあります。詳しくは店頭窓口でお尋ね下さい。

★ 【北陸新幹線】金沢駅 → 東京駅 「はくたか」号 自由席用きっぷ(乗車券+自由席特急券つき)

 ・正規価格13,600のところを…1つ 13,080円!(520円おトク!)  

 ※有効期限…2019年(令和元年)9月7日

 ※このきっぷは、店頭販売限定の価格です。格安チケット自動販売機ではお求めいただけません。

 ※逆方向(東京駅 → 金沢駅)でも利用できます。

 ※こちらのきっぷは、追加料金のお支払いで北陸新幹線「かがやき」号もご利用いただけます。追加料金(※繁忙期の場合…720円、通常期の場合…520円)を、ご乗車前に「みどりの窓口」にてお支払いいただくとご利用いただけます。またその他、ご利用には諸条件があります。詳しくは店頭でご確認下さい。

【 北陸新幹線乗車券 + 在来線乗車券 】下記3区間とも、現在販売休止中です。

金沢駅 発着

乗車券の販売価格

※特急券別途必要

正規運賃とのおトク額 取扱い

【駅東】

郵便局隣自販機

【駅東】

店舗前

自販機

【駅西】

 魚八/あかまる自販機

店頭窓口

松本

(長野駅のりかえ) ※2

4,780円 300円 2

直江津

(上越妙高駅のりかえ) ※3

3,100円 160円 ※3

新潟

(上越妙高駅のりかえ) ※4

5,300円 340円 ※4

・北陸新幹線 金沢駅⇔在来線のりかえ駅、在来線のりかえ駅⇔目的地の在来線駅で利用できる、乗車券(運賃)のみの、おとな片道1名1回分のきっぷです。

 

新幹線区間は全車全便、乗車区間分の新幹線特急券が別途必要です。新幹線特急券は単品で駅の券売機・窓口でお求めいただけますので、ご利用便に合わせて自由席・指定席・グリーン車・グランクラスをお選びの上でご利用いただけます。在来線区間のご利用についても特急「しらゆき」や「しなの」などご利用の場合は特急券(指定席、自由席またはグリーン車)が必要です。新幹線と在来線特急列車を乗り継ぐ場合には「乗継割引」によって特急料金もおトになります。詳しくは当店店頭窓口または駅窓口にてお尋ねください。なお、ご利用時間帯によっては在来線区間を快速列車や普通列車でご利用となるケースが最速となる場合もあります。

 

・上記きっぷは、富山駅以外の駅では途中下車(=列車を降りて改札を出ること)は原則できません。富山駅などで改札を出て再び新幹線乗車時には乗車区間分の特急券が別途必要です。

 

・これらの乗車券については、上記駅から先のJR駅までをご利用の場合は、別途上記駅からの運賃が必要です(例・金沢駅 → 新発田駅(新潟県新発田市) のご利用の場合=新潟駅 → 新発田駅 の運賃500円が別途必要です)こうした使い方をされる場合、目的地の駅(=実際に改札を通って下車する駅)によっては、上記掲載のおトク額よりもおトクになる場合と、おトクにならない場合とがあります。詳しくは店頭窓口でお尋ね下さい。

  

※2【金沢駅 ⇔ 松本駅】は大糸線経由(糸魚川駅⇔南小谷駅⇔松本駅)など、上記以外の経路ではご利用できません。なお【金沢駅 ⇔ 松本駅】の乗車券は季節販売です。2018年(平成30年)の販売については店頭でお尋ね下さい。

 

※3「金沢駅 ⇔ 直江津駅」の乗車券については、金沢駅⇔上越妙高駅を北陸新幹線、上越妙高駅⇔直江津駅を高田駅経由(えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン)で利用可能です。これ以外の経路(例・金沢駅⇔直江津駅の全区間を在来線経由(旧・JR北陸本線=IRいしかわ鉄道あいの風とやま鉄道・えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン))での利用はできません。なお【金沢駅 ⇔ 直江津駅】の乗車券は2018年(平成30年)5月31日木曜日をもって販売休止いたしました。

 

※4「金沢駅 ⇔ 新潟駅」の乗車券については、金沢駅⇔上越妙高駅を北陸新幹線、上越妙高駅⇔新潟駅を直江津駅経由(えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン・JR信越本線)で利用可能です。これ以外の経路(例・北陸新幹線 金沢駅⇔高崎駅、上越新幹線 高崎駅⇔新潟駅)では利用できません。また、金沢駅⇔直江津駅の区間を在来線経由(旧・JR北陸本線=IRいしかわ鉄道あいの風とやま鉄道・えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン)での利用もできません。なお【金沢駅 ⇔ 新潟駅】の乗車券は2018年(平成30年)5月31日木曜日をもって販売休止いたしました。